財団法人震災復興支援放射能安全研究所

将来を担う、こどもたちのために 体の放射線を調べます 食べ物の放射線を調べます 調査・研究情報を公開します 公益財団法人 震災復興支援放射能対策研究所

お知らせ

2016年11月16日

坪倉正治先生の論文掲載

坪倉正治先生の論文が掲載されました。


「福島第一原発事故後の子供および若年者における、

尿中ヨウ素スクリーニングによるヨウ素の栄養状態の評価に関する研究」

 

詳細はこちらよりご覧ください ▶ 調査と研究

2016年5月 9日

医療ガバナンス学会に記事が掲載されました。

医療ガバナンス学会 メールマガジンに医療法人誠励会 ひらた中央病院 事務課 

阿部美紀の記事が掲載されました。


Vol.110 三春町住民を対象とした甲状腺超音波検査と尿中ヨウ素の

検査結果が公表されました」


こちらよりご覧ください→ 医療ガバナンス学会

2016年4月19日

医療ガバナンス学会に記事が掲載されました

医療ガバナンス学会 メールマガジンに医療法人 誠励会 ひらた中央病院 
佐久間 裕の記事が掲載されました。

「Vol.091 原発事故後の現在の福島 
〜ひらた中央病院での
ホールボディーカウンター(WBC)を用いた内部被ばく検査結果の公表〜」

こちらよりご覧ください→ 医療ガバナンス学会

2016年4月18日

講演会のお知らせ

4月21日(木)に長崎大学原爆後障害医療研究所 教授 高村 昇先生
をお招きし講演会
「放射線被ばくと健康影響:長崎、チェルノブイリから福島を考える」
を開催いたします。
 
聴講は無料でどなたでも参加いただけます。
尚、参加申し込みは不要です。 
 
日 時:2016年4月21日(木)18:30開演
場 所:医療法人誠励会 ひらたリハビリテーション・ケアセンター
     福島県石川郡平田村上蓬田字清水内4
参加費:無料(申込不要)
 
お問い合わせ:ひらた中央病院 TEL 0247-55-3333
 
※詳細はこちらのチラシをご覧ください。(画像クリックで拡大)

kouenkai.jpg

2016年3月17日

第2回甲状腺検査結果 公表データ修正について

2016.3.3 当研究所において『第2回甲状腺検査結果 公表』

行われましたが、表9において下記のデータ修正がありました。

詳しい内容は、下記をご覧ください。


修正箇所 

<表9> 
■100-199μg/L 
2013年度 震災時年齢7歳 38 ⇒ 37  
     合計 368 ⇒ 367
2014年度 震災時年齢3歳 40 ⇒ 39 
     震災時年齢8歳 31 ⇒ 29  
     合計 278⇒ 275
 
■200μg/L        
2013年度 震災時年齢7歳 93 ⇒ 94    
     合計 707 ⇒ 708
2014年度 震災時年齢3歳 49 ⇒ 50 
     震災時年齢8歳 65 ⇒ 67
     合計 440 ⇛ 443               

こちらから公表結果をご確認ください ▶ 調査と研究 

2016年3月14日

医療ガバナンス学会に記事が掲載されました

医療ガバナンス学会メールマガジンに、医療法人誠励会 ひらた中央病院 事務長
二瓶正彦の記事が掲載されました。

「Vol.066 ひらた中央病院の東日本大震災後の取り組み(2)
〜内部被ばく検査を開始した〜」

こちらよりご覧ください→ 医療ガバナンス学会

2016年3月 3日

2016.3.3当研究所において『第4回内部被ばく検査結果 公表』と『第2回 甲状腺検査結果 公表』が行われました

2016.3.3 当研究所において『第4回内部被ばく検査結果 公表』と

『第2回甲状腺検査結果 公表』が行われました。

詳しい内容は、こちらをご覧ください。


→ 調査と研究


2015年12月 1日

医療ガバナンス学会に記事が掲載されました

医療ガバナンス学会メールマガジンに、医療法人誠励会 ひらた中央病院 事務長
二瓶正彦の記事が掲載されました。

「Vol.245 ひらた中央病院の東日本大震災後の取り組み①
〜放射能に対する恐怖との戦い〜」

こちらよりご覧ください→ 医療ガバナンス学会

2015年11月17日

医療ガバナンス学会に記事が掲載されました

医療ガバナンス学会メールマガジンに医療法人誠励会の職員の記事が掲載されました。
「Vol.231 BABYSCANを用いた内部被ばく検査の結果が論文で公表されました。」
本文はこちらよりご覧ください→ 医療ガバナンス学会

2015年10月 9日

2015.10.8 検査結果公表『福島第一原発、Babyscanを用いた内部被ばく検査で約2,700名の小児・乳幼児の全員から放射性セシウムは検出されず』

2015.10.8 『福島第一原発、Babyscanを用いた内部被ばく検査で約2,700名の小児・乳幼児の全員から放射性セシウムは検出されず』の発表が行われました。

詳しい内容は、こちらからご覧ください。 → 調査と研究

2014年12月 5日

2014.12.5 当研究所において『甲状腺検査結果 公表』が行われました。

2014.12.5 当研究所において『甲状腺検査結果 公表』が行われました。

詳しい内容は、こちらをご覧ください。

調査と研究ページ

2014年3月25日

2014.3.25 『甲状腺検査結果 公表』と『第3回内部被ばく検査結果 公表』が行われました

2014.3.25 当研究所において『甲状腺検査結果 公表』と

『第3回内部被ばく検査結果 公表』が行われました。

詳しい内容は、こちらをご覧ください。

調査と研究ページ


2013年12月 2日

BABY SCAN 測定開始

 2013年12月2日より BABYSCAN(乳幼児専用高精度内部被ばく検査装置)測定を開始します。

測定方法、対象者につきましてはこちらよりご覧下さい

   → 『BABYSCAN』の測定対象者と方法について.pdf

申し込み方法は こちら です。




IMG_7689.JPG

         ▲BABYSCAN(乳幼児専用高精度内部被ばく検査装置)

2013年9月30日

Babyscan 開始時期について

お子様・保護者の方双方に負担がかからないよう検証を重ねておりますが、

未知の開発要素が多く、装置の感度を向上させる為の内部構造体の設計・材料の吟味などに時間を要し、当初の日程より遅れる結果となっており11月中旬を予定しております。

一日でも早く測定ができる体制を作ってまいりますので、開始時期が決定致しましたら、ホームページにてお知らせ致します。

 

2013年8月13日

8月10日 甲状腺講演会『子どもたちの未来のために甲状腺についてみんなで学ぶ』が開催されました。(主催:公益財団法人放射能対策研究所)

平成25年8月10日
甲状腺講演会『子どもたちの未来のために甲状腺についてみんなで学ぶ』が
開催されました。(主催:公益財団法人放射能対策研究所)
IMG+AF8-5093.JPG

 
講演1:「甲状腺の病気」
     講師:伊藤病院 院長 伊藤 公一 先生
                      IMG+AF8-5004.JPG

講演2:「甲状腺超音波検査と穿刺吸引細胞診検査~甲状腺がんの診断を中心に~」   
     講師:伊藤病院 診療技術部長 北川 亘 先生
       IMG+AF8-5075.JPG                           

座長:公益財団法人放射能対策研究所 所長 渡部  肇
                       IMG+AF8-5061.JPG
                            
 

約150名の方が参加され、メモを取りながら熱心にお話しを聞いていました。
当研究所では、無料で甲状腺検査をで行っております。(甲状腺疾患が見つかった場合は、保険診療となります)
→詳しくは(こちら)をご覧ください。

2013年7月31日

講演会「子どもたちの未来のために甲状腺について学ぶ」開催のお知らせ

8 10日(土)に東京都渋谷区にあります甲状腺疾患専門の

伊藤病院より、院長 伊藤公一先生と診療技術部長 北川亘先生を
お招きして講演会、
「子どもたちの未来のために甲状腺についてみんなで学ぶ」を
ひらたリハビリテーション・ケアセンターにて開催いたします。
当公益財団法人では、これまで福島県・周辺県民の甲状腺被ばくに
対する不安や疑問に答えてきました。
今回、一般住民の方々の不安払拭にお役に立てればと思い講演会開催と
なりました。
 
日 時:2013年8月10日(土)17:00開場 18:00開演
場 所:医療法人誠励会ひらたリハビリテーション・ケアセンター
住 所:福島県石川郡平田村大字上蓬田字清水内4番地
参加費:無料 
申込方法:参加ご希望の方は下記電話番号にてご予約が必要となります。
     公益財団法人震災復興支援放射能対策研究所
     TEL 0247-57-5012
 
 
【講演会に関するお問い合わせ】
 公益財団法人震災復興支援放射能対策研究所 
 TEL0247-57-5012 FAX0247-57-5006

詳細はこちらからもご覧いただけます。
kouennkai.pdf

2013年7月19日

オンラインクレジットカード決済による寄付金のお申込受付を開始致しました。

このたび、インターネット寄付金決済サービス「キフフォーム」を導入し、
オンラインによるクレジットカードでの寄付金のお申込受付を開始致しました。

今後も、ホールボディカウンタ、甲状腺検査など無料での検査体制を継続していくにあたり、
皆様のご支援を頂けますよう宜しくお願い致します。

クレジットカード決済による寄付金お申込フォームはこちら


2013年7月 8日

第2回 福島県ホールボディカウンター研究会・施設見学会が開催されました

6月29日 第2回 福島県ホールボディカンウター研究会・施設見学会が
公益財団法人震災復興支援放射能対策研究所で行われました。
 
午前中に行った施設見学会へは、たくさんの方々に参加していただき
検査に関わる施設をご案内いたしました。
 
午後からのホールボディカウンター研究会・特別講演では、
『BabySCAN開発に関する話題』
早野龍吾先生・山中俊治先生の講演をいただきました。
一般講演は当研究所から 
『4歳児BOMABファントムを使って』佐藤英夫
『受検者数と新システム』阿部美紀
2題の発表をいたしました。
 
※7月1日から、2・3歳児ホールボディカウンター検査を開始してます。
※9月から、BabySCANが導入予定です。
たくさんの方に検査を受けて頂けるよう、検査体制を整えてお待ちして
おります。
hirata.jpg

2013年7月 4日

2013.7.4 川内村の内部被ばく結果公表

 2013.7.4 川内村の内部被ばく結果公表が、当研究所で行われました。

詳しい内容は 『調査と研究』 ページをご覧ください。

http://www.fukkousien-zaidan.net/research/index.html

2013年7月 1日

2・3歳児 内部被ばく検査 開始します。

 2013.7.1より 2・3歳児 内部被ばく検査 開始しました。

お申込み方法は http://www.fukkousien-zaidan.net/body/index.html をご覧ください。

9月からは、Babyスキャンの検査開始予定です。